旅とカメラと…最新記事

#203 いつか訪れてほしい南米イグアスの滝

Podcastの第203回をお届けします。音声で聴く方は一番下に。文字で読みたい方はここからどうぞ。

1.南米縦断した中で一番お勧めしたいスポット

こんにちは。カメラマンの大野朋美です。

18年前、わたしは中南米をひとり旅しました。地球の裏側で、ちょっと遠いけれど、そこには大自然の造る絶景が数多くありました。

その中でも、何と言っても一押ししたいのは、世界最大の滝、イグアスの滝です。ここは正直いえば、会う人全員に、一生に一度でいいからぜひ行ってみてよ、と言いたいくらい、私的にお勧めのスポットです。中南米には興味ないという方にも、ここだけは行ってみてほしい場所です。

イグアスは、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、これら三国の国境にまたがる、世界一の規模を誇る滝です。

世界一といっても、どのくらいなのか。ブラジル部分で17万ヘクタール、アルゼンチン部分で22.5万ヘクタールだそうです。そして1秒に6万5千トンという水量という・・・まあ、ピンと来ないですよね。

それで、ここにある「悪魔ののど笛」と呼ばれている巨大な滝の存在を目撃してほしいのです。

国立公園の、密林のような森を、遊歩道を歩いていくと、だんだんとドドドっていう地響きのような音が大きくなって、でも全く滝は見えていないんです。

それもそのはずでした。遊歩道は滝の上の湿地に渡されていたのです。

あるところでいきなり視界が開けたら、目の前にドーンと巨大な滝が落ちています。そりゃあもう、大きいなんてものじゃないです。

この滝を前にして、私がどう思ったか。ただ頭がまっ白になっただけでした。この現実の光景をどう捉えればいいのか分からなかったのです。

2.地球の存在を確かめる

地響きのような轟音を聞きながら、膝に力が入らなくなって、ヘナヘナとその場で座り込んだんですね。あと見ていると吸い込まれそうになったので怖くなったっていうのもあります。

で、ははは・・・って、力ない笑いが漏れただけでした。

人って、予想を遥かに超えるものを見たら、頭が真っ白になるんだなと知りました。

それから少しして、ようやく正気を取り戻した頃に思ったのは、地球のエネルギーって凄まじいなと。

いえもっと言うと、地球って存在していたんだなと。地球って感じたことありますか?これが地球だ、って体感したことです。

ちょっと不思議ちゃんなこと言ってますか?いや正気なので大丈夫です(^^;)

いやだってね考えてみれば地球って、見たことないじゃないですか。写真とか情報でしか知りませんし・・・

飛行機に乗ると、分かるんじゃない?って言われそうですけど、まあ私的には別の感覚ですね。

このとき初めて、あー自分は地球の上に立っていたんだなって、その存在を感じました。

まあ今ここで、どんなに言葉を重ねても、これ以上は体験しないと伝わらないと思います。

一応ネットに写真はたくさん上がってますが、それを見ても分からないと思いますので、ぜひいつか体験してみてください。私は、この滝を観る前と後とでは、世界観が変わりましたので。

3.大いなる自然を感じられるスポットを心に置いておけば…

で、最後にもう少しだけ付け加えさせてください。

ふだん私は、渋谷という都会の真ん中に居ますが、たまに、ここへ思いを馳せることがあります。

自分がどんな状況にあっても、今この瞬間も、あの凄まじい轟音と、もの凄い量の水が落ちているところを想像します。何も変わらず、そうやってそこにあるんだって。

そのおかげで、都会の底に暮らしていても、インターネットの渦を覗き込んでも、そこに翻弄されずに済んでいます。自分のいる現実から遠く離れているけど確かに存在してる。

自分の置かれた環境がどうであっても、もっと言えば、人間社会がどうなっていっても、そういう偉大なものの存在を感じておくのは、生きていく上でお勧めしたいことです。

さて、広大なアメリカ大陸には、まだまだおすすめしたい場所がたくさんありますので、この話はもう少し続けて行きますね。

ではまた来週火曜朝7時にお会いしましょう!

→番組登録はこちら

→7日間無料メール講座「ひとつ上の写真を撮ろう!」

旅とカメラと・・・ここでない、どこかへ
#203 いつか訪れてほしい南米イグアスの滝
/

このページの先頭へ