旅とカメラと…最新記事

#212 桜を素敵な雰囲気に写そう!

Podcastの第212回をお届けします。音声で聴く方は一番下に。文字で読みたい方はここからどうぞ。

桜の写真はチャンスが少ない

こんにちは。カメラマンの大野朋美です。

全国の広い範囲で、桜の開花宣言がありました。2021年は、例年より少し早いようですが、いよいよ春本番の到来です。

毎年、この短い期間が勝負なんですよね。短い上に、天候も安定しない、曇りや雨の日も多いですし…。

撮影に行けるチャンスが少ない中でも、より自分の納得のいく、いい写真を撮りたいものです。

そこで、今回は、桜をイメージ通りに写すためのコツをお話します。

それはズバリ、桜のイメージを言葉で表現してみるということです。

私のYoutube番組、プロが教える、動画で学ぶ、みんなの写真塾 ミニ版の第12回では『言葉をヒントに伝わる写真を撮ろう!』というテーマでお話しました。

そこでお話したことは、たとえば「爽やか」とか「ダイナミック」といった、雰囲気を表す言葉を頼りにして、自分のイメージを固めて写すようにすれば、より伝わる写真になるということでした。

ですので桜も、こういった言葉を頼りに写してみるといいです。

桜のイメージを言葉にすると?

あなたは、桜に対するイメージを言葉で表現してみてくださいって言われたら、どんな言葉が思い浮かびますか?

・・・・・・

いかがでしょう? いまどういった言葉が思い浮かんだでしょうか?

ではここから、私からも幾つかご紹介しておきますので、参考にしてみてください。

まず「きれい」・・・いえ、これは漠然とし過ぎていますので、なるべく使わないようにします。

先ほど紹介したYoutube番組内でも、最後の方でお話ししているのですが、「きれい」というのは示す意味が広すぎて、イメージが固まらないので、避けた方がいいです。

例えば誰か知らない人に、何かについて、「それってどうだった?」と尋ねてみたとき、「きれいだったよ」と返事されても、何だかよく分からないですよね?

なので、もう少し明確にイメージできる言葉を選んだ方がいいです。

例えば、満開の桜なら「華やか」とか。

ピークを過ぎていたり散り際なら「儚い」とか。

また、桜の花をアップで写すなら「可愛らしい」というイメージも当てはまるでしょう。

前ボケを使ったり、大きくぼかしてとるなら、「透明感」とか、春らしいイメージなら「ふんわり」なんていかがでしょうか。

また桜ってよく、神社やお寺に見事な木があるので、撮りに行かれる方も多いと思います。そこで、お社と一緒に写すなら「みやびな」といった言葉もいいかもしれません。

またもし雨の日に、それでも写しに行ったなら、「可憐な」という言葉もいいかもしれませんね。

夜桜なら「妖艶な」とか。ライトアップされている夜桜は「艶やかな」ってイメージも当てはまるでしょうね。

こういった言葉をイメージしながら、構図や撮り方を考えてみるのも、楽しいですよ。
例年とひと味ちがった素敵な写真が撮れることを願ってます!

ではまた来週、火曜朝7時にお会いしましょう!

→番組登録はこちら

無料メルマガ登録はこちら

→7日間無料メール講座「ひとつ上の写真を撮ろう!」

旅とカメラと・・・ここでない、どこかへ
#212 桜を素敵な雰囲気に写そう!
/

このページの先頭へ