カメラ初心者にやさしい写真の基礎

1. 写真の基礎ってなに?

初心者のうちは、上手い人の写真と比べて、自分の写真が下手であることは分かっても、その何がいけないのか、どうやって改善すればいいのかが分からないものです。

そもそも写真に必要な要素を知らないのです。

私が行っている初心者向けの写真講座では、毎回、参加者に尋ねていることがあります。

写真を撮るときに、どこにこだわって撮りますか?

すると出てくる答えは大抵「構図」で、これ以外の答えが出てくることは、滅多にありません。

カメラの説明書を読んでみたけど挫折したという方も多いのですが、それも当然だと思います。

そもそも、写真について何を知っておくべきか、その全体像を知らないままに、このボタンはどういうもので・・と書かれていても、よく理解できなくて当たり前でしょう。

初心者向けの写真の指南本でさえ、ここをちゃんと教えている本は少ないようです。

写真の知識と言っても実際には膨大な量がありますが、まずは何を撮る場合でも必要な、基本中の基本をザックリと解説していきますので、全体像を掴んでください。

写真を撮る時に考えるべき基本の要素

・構図
・ピント
・明るさ
・色
・光

それぞれについて見ていきましょう。

2. 構図を決める

構図を決めるというのは、一つは三分割法のような、写真に限らず美術を学ぶ場合に出てくる基本の構図の種類とそれぞれの意味を知ること。

そしてもう一つは、レンズによる効果や、アングル、ポジショニングといった視点の違いによる写りの違いを知ることです。

3. ピントを決める

ピントをどこに合わせるのかは、写真にとって大きなポイントです。判断に迷う場面も多いでしょう。

また、ピントを学ぶというのは、ボケについても学ぶことになります。

ピントが撮りたいものに合っていないのがピンボケ。

ピントが合った箇所の周辺がボケるのが(背景)ボケです。

またブレの問題もあります。

設定されたシャッタースピードの時間にカメラが動いてしまうことにより生まれます。

これは失敗によるものもありますが、その効果をねらってわざとブラす場合もあります。

4. 明るさを決める

明るさは、見る人の気持ちを変える効果があります。
写真の明るさは、肉眼で見ている明るさと同じではありません。

撮ってみたら見た目より暗かった、明るすぎたという経験は誰でも一度はあるでしょう。

しかしそれは逆に考えれば、実際の明るさによらず、自分の好みの明るさに決めることもできるということです。

デジタルの技術は日進月歩で、今のカメラは、肉眼では暗い場所であっても、昼のように明るい世界を写真で見せてくれます。

5. 色を決める

色は見る人の印象、感情を変化させます。

写真の世界では、色を設定することをホワイトバランスを設定するといいいます。

ホワイトバランスは、よくアルファベットの頭文字を取ってWBと書かれています。

白いものが、きちんと白く写るように設定するという意味です。

とはいえ、目で見えた通りの色で写すばかりではなく、自由に色を決めることもでき、自分らしい色合いを見つけることも、魅力でしょう。

6. 光を決める

最後に光は、写真にとって一番重要な要素です。そもそも光が無ければ写真には何も写ってきません。写真は光があってこそ存在するものなのです。

ではこの光の何を決めればいいのでしょう。
3つあります。

それはまず、光の量です。明るいとか暗いといったことです。

次に光が当たる方向です。

「逆光」という言葉は広く使われていますね。「逆光だから、ここで撮るのは止めておこう。」という話は、何も写真家でなくても誰もが使います。

でも単に前や後ろといったことだけでなく、あらゆる方向、角度によって、見え方は変わってきます。

また、光が「強い」とか「弱い」といった言葉も使いますね。

光の強さということも考慮に入れる必要があります。

これはよく、「明るさとは違うのですか?」と質問されますが、明るい中でも、強い光で明るいことと、弱い光で明るい場合があり、別のことになります。

7. テーマ(主題)を決める

この項目を最後に持ってきましたが、「テーマ」とは、実際には最初にあるべきものです。
若干ニュアンスは変わりますが、「イメージ」と言い換えた方がピンとくるかもしれませんね。

その写真で、何を見せたいのかというのがテーマです。

そこを見る人にどう伝えるのか、先に挙げた2~6はそれぞれ、そのために必要な表現方法となってくるのです。

このページの先頭へ