初心者のための一眼レフ・デジカメの使い方

カメラのボタン操作について、すぐに知りたい場合は、項目4に操作方法の動画解説を載せています。カメラの使い方の全体を理解したい場合は1からどうぞ。

1.はじめに

多くの人が、一眼レフを持っていてもオートでしか撮らない理由は、カメラに付いているボタンと、そこに付いている記号の意味、MENUに出てくる言葉の意味が分からない。だけど説明書を読む気にもならない。ということじゃないかなと思います。私もカメラ以外の電気機器だと、説明書は必要に迫られないと開かないです(^^;)その点、カメラはシャッターを切れば、とりあえずは写るのだし、そりゃあ、まいっかって思いますよね。

でもカメラの使い方をきちんと知っていれば失敗は大きく減りますし、もちろん写真の出来は大きく変わってきます。もし自分にはセンスがないと思っていたら、それはただカメラの使い方を知らないだけかもしれない。なぜならカメラの使い方を知らないということは、自分のセンスを表現する方法を知らないということだからです。
もっとこうしたいのにな、って思っても、その方法が分からないと思ったことはありませんか。カメラのボタンの意味は、どれもそんなに難しいことではないのです。人から使い方を教われば、すぐに分かることばかり。それが分かるだけで、写真が上手くなるし、カメラを使うことが楽しくなります。

2. まずは写真の基礎から

まず上手な写真、素敵でかっこいい写真にどうやったらできるのか、そのためにカメラでいったい何ができるのかを知ることから始めます。そもそも何ができるのかも分からない状況で、いきなり説明書を開いても、訳が分からなくて当然です。

ということで、写真を撮る時に考えなければならない基本的なことはこちら。
構図、ピント位置、明るさ、シャッタースピード、背景ボケ、色、光など

この中でカメラの設定に関わってくるのは、1)ピント位置、2)明るさ、3)シャッタースピード、4)背景ボケ、5)色、です。撮影場所が暗いなと思ったら明るくしたり、なんだか色が変だなと思ったら色を変えたり、背景をぼかした写真にするのもカメラの設定でできます。こういったことを自分で変えたいときにどうすればいいのか、それぞれについてザッと説明します。

1)ピント位置:購入したままの状態で、特に自分でいじっていなければ、ピント合わせはオートに設定されています。ピントを自動で合わせるオートフォーカス(AF)だけでなく、ピントを合わせる位置もカメラが自動で決めてしまいます。これがピンボケの原因になることも多いのです。そこで、ピントをどこに合わせるかは、自分で選択できるように設定することをお勧めします。カメラのボディに直接ボタンが付いている場合もありますが、MENUボタンの中の項目にある場合も多いです。

2)明るさ:これに関わる操作は、撮影モードダイヤルとその後のボタン操作、ISO感度、露出(明るさの)補正ボタンです。露出補正は大概はボディにボタンが付いていて、「+/ー」の記号が表記されています。ISO感度の設定は、カメラ本体にボタンがある場合と、MENUボタンの中にある場合があります。

3)シャッタースピード:動くモノをブレずに止めて撮りたい場合などは、撮影モードダイヤルをS(Tv)、またはMに合わせ、そしてその時に現れる数字の操作をします。

4)背景ボケ:背景をぼかしたい場合などは、撮影モードダイヤルをA(Av)、またはMに合わせることと、その時に現れるFという記号の後に付く数字の操作をします。

5)色:写真の世界では「ホワイトバランス」といって、これを変えれば、変な色になったときに修正したり、自分の思うような色味に変えたりできます。「WB」という記号で表記されている場合が多いです。カメラ本体に操作ボタンがある場合と、MENUボタンの中にある場合があります。

3. カメラに付いている記号の意味

カメラの記号は一眼レフでもなんでも、全てではないですが、大概は統一されています。この写真はコンパクトデジタルカメラ(デジカメ)ですが、これを例に、まずは知っておきたいボタンの解説をしていきます。

多くのカメラでは、本体上部にこのようなダイヤルが付いています。これは、撮影モードを決めるダイヤルです。

たまに背面に付いている機種もあります。ダイヤルが付いてない機種は、“MENU”という項目の中にあったり、タッチパネルでモニター画面の中にある機種、デジカメでは付いていない機種もあります。

①:カメラの絵文字になっているが、AUTO(オート)の意味のAという記号の場合も多い。買ったときはダイヤルがここに合わされている。これは全ての設定をカメラにお任せするモードなので、自分で設定できることは限られてくる。

P:プログラムオートの意味のP。①のオートと何が違うのかといえば、こっちだと明るさの調整が自分でできる。ISO感度やホワイトバランスなども撮影者側で決められる。

A:Avと書かれている場合もある。明るさや背景ボケを撮影者が決められる。主に動かず止まっている物や人、風景を撮る時はこれに合わせる。

S:Tvと書かれている場合もある。動いているもの、電車やスポーツシーンなどを撮る時はこれに合わせる。

M:マニュアルモードの意味のM。明るさや絞り、シャッタースピードなど、カメラに任せず全て撮影者が自分で決められる。

②:SCENE(シーン)の略。撮影シーンモード。料理や夜景、スポーツを撮る時など、撮影シーンに合わせてカメラが自動で最適な設定にしてくれる。・・と、説明書には大抵このように書かれているが、過信しない方がよい。

③:こういった長方形のようなマークはパノラマ撮影モード。

④:このフィルム一コマのようなマークは動画撮影モード。

⑤⑥W/T:ズームレバー。デジカメ(コンデジ)などは上部や背面上部に、このようなレバーが付いている。Wはワイド、広い範囲を写したいときに。通常はWの側になっている。ズームして遠くのものを大きく撮りたい時は、T側に。木のマークになっているカメラもよくあるが、木の数が多いマークの側がワイドを意味する。

⑥:虫眼鏡マークは、再生したときに写真をズームして見るの意味。

次にカメラ背面のボタンと記号について説明します。

①:セルフタイマーの設定。

②:連写する、しないの設定。

③:撮った写真を見られる再生マーク。

④(+/ー):明るさの調整をする。ここを押して出てくる目盛りを+の方へ移動させると、写真を明るくすることができる。逆にーの方へ移動させると、写真を暗くできる。

⑤:ゴミ箱のマークは、写真の削除。写真を全て削除する場合や、記録メディアを初期化するときはMENUボタンの中にある場合が多い。

⑥:フラッシュの記号。フラッシュをたく、たかないを選ぶ。

DISP:ディスプレイの意味で、背面モニターの画面表示を切り替えられる。

MENU:様々な細かい設定がこの中の項目でできる。

Fn:ファンクションボタン。カメラをガシガシ使いこなしたい人にとって便利なボタン。自分オリジナルの設定をここにカスタム登録できる。

これ以外のマークも付いてると思いますが、それはカメラやメーカーによって、まちまちなので、ここでは割愛します。

3. カメラのMENUボタンの中身。写真用語解説

MENUボタンを押すと、様々な設定が現れて、面倒なので見たくないと思ったこともあるのではないでしょうか。とりあえず知っておきたいことだけを解説します。

・ホワイトバランス(WB)

色を変えらる。最初はオートホワイトバランスの意味の「AWB」に合わされている。その隣の各マークは、それぞれのシチュエーションを記号で表している。例えばAWBの隣の太陽のマークは、晴れた日の屋外で撮影する場合に、ここに合わせると適正な色で写るという意味。一番右の「K」のマークに合わせると数字で細かく設定できる。通常はAWBのままでも問題なく、違和感のない色で撮影できる。

・ピクチャースタイル(CANON)、ピクチャーコントロール(NIKON)、クリエイティブスタイル(SONY)、カスタムイメージ(PENTAX)など
初心者にとっては撮影モードダイヤルのシーンモードと間違えやすいが、こちらは被写体や撮影シーンに応じて好みの仕上がりに調整できるというもの。人物(ポートレート)や風景モードの他に、色を鮮やかにしたり、逆にモノクロに変えたりできる。

・フォーカスエリア:一眼レフではファインダーを覗くと小さな四角が並んでいる。これはピント合わせができる点で、この中から合わせたい1点を指定することもできるが、ある範囲を指定することもできる。

・フォーカスモード:AFはオートフォーカスの略。手動でピント合わせをするならMF(マニュアルフォーカス)に変える。このAF/MFの切り替えはカメラ本体に付いている機種が多い。
フォーカスモード、AFモードの項目で設定するのは、シャッターボタンを半押ししたときのフォーカスの方式。AF-SはシングルAFの略で、半押しした距離で固定。AF-CはコンティニュアスAFの略で、半押ししている間、被写体を自動で追いかけてくれるので、動くものを撮影する時に便利。AF-Aはこの2つをカメラが自動で切り替えるというもの。

・測光モード:カメラがその場所の明るさを測る時に、どの範囲から測るのかを決めるためのモード。通常は買った時のままの設定がベストであることが多く、特に設定を変える必要はないが、逆光の時など明るさの差が大きいシーンなどに設定を変える。

・画像サイズ・画質:保存する画像の大きさで、L、M、Sの順に大きいサイズ。また圧縮の度合いも選べて、「Fine(ファイン)」だと低圧縮、「Normal」または「スタンダード」に設定すると高圧縮保存される。高圧縮は画像サイズが小さく、枚数を多く撮れるが画質が下がる。
jpeg/RAWの選択と組み合わせて設定する機種も多い。パソコンソフトで現像作業をするならRAWを選択。またjpegとRAWの両方で保存しておくこともできる。

・アスペクト比(縦横比):写真の縦横の比率。通常2:3になっているカメラがほとんどだが、たまに3:4のものもある。2:3はA4用紙とほぼ同等の比率。他に正方形に変えられたりもできる。

・グリッド:構図を決めるときの参考に、グリッドラインを表示させる、させない、線の本数などを選択できる。

4. カメラの設定方法を動画で解説

カメラの操作方法を実際に行う様子を動画で見られます。
CANON、NIKON、SONY、FUJIFILM、OLYMPUS、PENTAX、LUMIXのカメラで、画像サイズの変え方、アスペクト比の変え方、グリッドラインの出し方、ホワイトバランス、露出補正、ISO感度、絞り、シャッタースピードの設定方法について、それぞれ用意しています。なお同じメーカーであってもカメラが違えば操作方法も異なる場合がありますので、あくまで参考動画になります。
CANONカメラの使い方

NIKONカメラの使い方

SONYカメラの使い方

OLYMPUSカメラの使い方

FUJIFILMカメラの使い方

PENTAXカメラの使い方

LUMIXカメラの使い方

関連記事
カメラ初心者にやさしい写真の基礎

無料メルマガを読んでみる

このページの先頭へ